Profile

横手ありさ Arisa Yokote

 

 

呼吸と声から派生するあらゆる響きで色彩を運ぶうたうたい。音楽家。ウクレレ弾き語りのシンガーソングライター。

 

 SUNDRUM、晴ツ、Lupe∝ではメインボーカルとクリエーションを手がけ、アート、現代音楽、ポップス、JAZZ、民俗芸能、伝統音楽などのジャンルを横断的に活動している。

 パラリンピックのNHK公式CMソングへの参加、舞台作品への楽曲提供や、障害のある子供達との音楽交流やWS、近年は、台湾、韓国、マレーシアなど、アジア各地へのフィールドワークとコラボレーションを行い、絶海の孤島 青ヶ島に伝わる古謡の唄い手でもある。

 

ウクレレ弾き語りでは、カフェ、ギャラリー、飲み屋、ストリートなど、身ひとつで気ままに語りうたゆたう。

 

ソロ2ndアルバム「わたしははだかんぼ」MIDIより2019年7月発売予定。

Lupe∝自主制作音源作品「瑠璃と屑」2019年4/28より発売。

2019年夏、第一子出産予定。

 

 

 カラダオーケストラ®認定インストラクター、ワークショップ講師。

活動Bloghttps://ameblo.jp/karada-orchestra/

 

 

 

 

Arisa Yokote

 

Arisa Yokote is a singer who carries and delivers the colors with every vibrancy derived from breath and voice. 

When she began to understand things, she was already singing and writing songs. 

She transcends boarders softly, freely, flexibly and quietly by imitating and repeating the motifs and rhythms that are scattered around in the nature with her improvised expression of voice weaving vibrancy and her heart cuddling with the nature.

She's active in many fields such as art, dance, performing arts, contemporary music, pop music and traditional art.

 

 

 

photo by Ruriko Ota